ご予約・ご相談はお気軽にお電話で!

080-3449-1138

2020.9.15

椎間板ヘルニアの歩行困難が改善!

こちらの女性は半年ほど前から脚のシビレで歩行が困難になりました。

10年前から腰のだるさをマッサージで解消していましたが、昨年末にカイロプラクティックで腰を矯正してから、腰と股関節が不調になり、脚がシビレ、悪化してきました。

当院での初診で、かなり腰と股関節の状態が悪く、治療が長くかかることを伝え、とりあえず、病院で検査を受けることになりました。

2軒の整形外へ行き、どちらでも検査では“椎間板ヘルニア”と診断され、ブロック注射を受けましたが、痛みが強くなったため当院へ再来院しました。

子供のころからの股関節脱臼で股関節が変形しているため、腰の形もおかしくなり、ひどく腰が反った状態になっています。歩くことは困難で、仰向けで寝ると腰がつらく左脚のシビレが強くなる。腰を伸ばしていると脚がしびれてくるので腰を屈めて生活しています。

反り腰の状態を徐々に緩めるように施術をして、自宅でもエクササイズを続けて、7回ほどの施術で症状は半分ほどに改善しました。台所に立つこともつらい状態でしたが楽になり、歩くときのシビレも改善してきています。

ヘルニアや脊柱管狭窄症での脚がシビレは反りすぎた腰が関係しています。

足がしびれてつらい、ヘルニア・狭窄症と診断されたが注射も薬もあまり効果がない、手術をすすめられたができれば切らずに良くなりたい、とお悩みの方はお気軽にご相談ください!

この記事をシェアする
    
WEB予約 お問い合わせ