ホーム > お知らせ・ブログ > 脊柱管狭窄症って?原因と症状を整体師が解説します

脊柱管狭窄症って?原因と症状を整体師が解説します

脊柱管狭窄症とは

背骨(脊椎)とは、椎骨と呼ばれる骨が一つ一つ積み重なって形成されています。

そして、その周辺にある椎間板や靭帯が背骨を支えており、中心に「脊柱管」という神経が通っています。

脊柱管狭窄症とはその「脊柱管」が狭くなる病気のことを指します。

脊柱狭窄症について

脊柱管狭窄症の原因

脊柱狭窄症の主な原因は加齢によるもので50~70代の方に多く発症します。

年齢と共に脊柱管を構成する椎骨や椎間板は変形し、靭帯などが緩んでしまい狭くなります。

他には背骨や腰の病気労働での負担も一因で、中には生まれつき脊柱管が狭く発症してしまうケースもあります。

椎間板ヘルニアなどでも脊柱管が圧迫されれば、狭窄症ともいえるので併発する可能性もあります。

 

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の症状

 

「脊柱管狭窄症」は脊柱管が狭くなることで、中に通っている神経が圧迫され、神経の働きが乱され血流が悪くなり症状が出ます。

圧迫させている神経の場所により症状は異なりますが、こういった症状が現れます。

  • 足のしびれがある
  • 足がもつれやすい
  • 歩くと足に痺れや痛みが出て歩けなくなるが、しばらく休むと痛みが引き歩けるようになるのを繰り返す(間欠性跛行)
  • 前かがみになったり、座ると症状が和らぐ
  • 腰痛はそれほどひどくない
  • 立っていると下肢が痺れたり痛みがひどくなる
  • 後ろに反ったり仰向けの体勢になると足のしびれや痛みが出る
  • 身体を横にして丸まった体勢になると症状が和らぐ
  • 朝や寒い時期に症状が出やすい
  • 排尿がしづらい

痛みやしびれがそれほどひどくない場合も

症状が進行し、生活に支障をきたすまで悪化する可能性があるので是非一度受診してみましょう。

 

脊椎狭窄症の予防と対策の方法

姿勢を正しく保って日常生活を送ることが重要となってきます。

また、脊柱管狭窄症は立っていると下肢が痺れたり痛みが出てきて、前かがみになると症状が緩和されるので

移動の際は杖をついたり自転車を漕いだりするのが良いとされています。

 

当院での脊柱管狭窄症の治療方法

当院では狭窄症による足のしびれには「骨盤矯正」と最新の理学療法の治験から開発された手技、

さらに本来の背骨の働きを脳に覚えさせる“モーターコントロール・エクササイズ”を指導してつらいしびれ症状に対応しています。

当院での施術方法はコチラで詳しく解説していますので、興味がある方は是非一度ご覧ください。

何故、脊柱管狭窄症に骨盤矯正があるの?

脊柱管の狭窄は50代以上の中高齢者の起こる症状です。実際には無症状であっても、大半の高齢者の背骨は狭窄しているといわれています。では、狭窄していても痛みが出る人とでない人の違いは何でしょうか?

脊柱管狭窄症の症状は多くの場合、前かがみになると楽になります。

それは狭窄症で痛みやシビレがある人は骨盤が前傾し、腰椎が反り腰になっているためです。 狭窄している人が反り腰になるとさらに神経の通路が狭くなり、痛みやシビレが現れます。つまり、反り過ぎた腰と骨盤の前傾が負のスパイラルを生み、症状を徐々に悪化させるということです。

 

当院での“モーターコントロール・エクササイズ”という本来の背骨の状態を脳に記憶させるエクササイズ指導と施術で 骨盤を矯正し、それにより反り過ぎていた背骨が正常な状態になります。

背骨が本来の働きを取り戻すことによって足のしびれや痛みが徐々に和らぎ、症状が徐々に収まってきます。

当院でモーターコントロール・エクササイズを受けたお客様の感想

コチラの男性はヘルニアと狭窄症の手術を受けておりますが、

術後3年経っても腰が曲がったまま伸びず、脚の力もなくなり、歩くことにも支障が出たままでした。

しかし当院で数回の骨盤矯正をして頂いた後、曲がっていた腰が伸び、太ももの力がついて歩きやすくなりました。

おしっこが出にくかったのですが、それも腰が伸びることで出やすくなり改善しました。

「腰が治ったら金沢マラソンに参加したい」と仰っていましたが、当院での施術が効果を結び来年には挑戦できそうという所まで回復しています。

 

当院の脊柱管狭窄症の治療料金

初 診 8,500円(税込)
通常価格 7,000円(税込)

 

脊柱管狭窄症と似た症状のその他の病気

椎間板ヘルニアが挙げられます。

 

椎間板ヘルニアとは・・・背骨(脊椎)は椎骨と呼ばれる24個の骨が積み上がって構成されています。

この椎骨と椎骨の間にクッションの役割を果たしている軟骨があり、それを”椎間板”と呼びます。

その椎間板が変形し本来あるべき場所から飛び出してしまった状態を指すのが椎間板ヘルニアです。

 

椎間板ヘルニアについての詳しく解説した記事はコチラ

 

まとめ

以上「脊柱管狭窄症って?原因と症状を整体師が解説します」でした。

歩くと下肢が痺れる・痛みがあるという方は是非一度当院にご相談ください。

 

脊柱管狭窄症かもしれないけどどうなんだろう?という方に向けてオンライン問診も実施しておりますので

お気軽にお問い合わせください。

 

オンライン問診