ご予約・ご相談はお気軽にお電話で!

080-3449-1138

2018.5.31

骨盤の傾きはカラダの深部筋肉の緊張が原因!!

こちらの女性は慢性的な右腰の痛みと右肩こりで来院されました。うつぶせになると右に体が傾いているのがわかります。腰から骨盤の中を通って股関節につながる大腰筋や骨盤の奥にある腸骨筋 その他、腰方形筋 といった骨盤から背骨の周囲にある筋肉が偏って緊張することによって体が傾いてきます。

これらの筋肉はカラダの奥深くにあるために体の表面をマッサージしていても緊張が緩和せず慢性的な痛みやコリが続いてしまいます。

骨盤内で右側が緊張すると右肩が下がり気味になりさらに右肩が前方へ巻き肩のようになって肩の慢性的なコリが発生します。

つまり肩だけをマッサージしていても根本的な改善にはならず、肩こりや首の症状であっても骨盤や身体の深部を調整する必要があります。

この筋緊張は姿勢の悪化に影響します。大腰筋が緊張することで“反り腰”が進行します。反り腰はお尻が後ろへ突き出た“出っ尻”を作ります。また反り腰は背中を“猫背”の状態にしてしまいやすく、猫背、反り腰、出っ尻 の姿勢3悪を作り出します。この状態が続くことでさらにカラダ内部の筋緊張が高まり、姿勢をますます悪くする という悪循環に陥ります。 こうなってくるとストレッチや体操など自分自身で筋肉を緩めるだけでは限界があり、外からの矯正や施術で緊張を緩めることが必要になってきます。

座りっぱなし、歩かない、移動は車ばかり、パソコン仕事、スマホ などはこういった悪い状態を作りやすくなります。

慢性的な症状が続いている方はお気軽にご相談ください!!

この記事をシェアする
    
WEB予約 お問い合わせ